手汗

ひどい手汗が気になったら病院へ、病院で受ける手汗の治療とは

手汗を根本的に治すには、手汗のことを気にしないようにすることがベストなのですが、手汗が気になって仕事や勉強に身が入らなかったり、人と接することが怖くなってしまったり、といったような状態では、まだ手汗を根本的に治す段階ではありません。

まずは「手汗を気にしない」のではなく「手汗が気にならない状態にする」ことが重要なので、手汗が気になってどうしようもないという場合には、早めに病院に行って診察を受けましょう。

手汗の症状を診てくれる病院は皮膚科、外科、心療内科などがある病院になります。「手汗なのに外科?」と思われるかもしれませんが、手汗の手術が行われるのは外科ですので、手術を望んでいる方々は外科に行くことをおすすめします。

しかし、現在は手術なしでも手汗を治療できる方法はたくさんありますから、まずは皮膚科にいって皮膚の状態をしっかり診てもらいましょう。

皮膚の状態に異常がない場合には、精神的なものが原因となっている多汗症であることが考えられます。その場合は心療内科を受診してみてください。

ここでもまた「なんで心療内科に行くの?」と思う方々がいらっしゃるかもしれません。でも、手汗の症状で心療内科を受診することは決して不思議なことではないのです。

手汗はただ汗をかいている状態ではなく、自律神経のバランスが崩れている状態なので、精神面を落ち着かせる治療が必要となります。そのため心療内科での治療が必要となるわけですね。

手汗治療の最終手段は手術、と思われがちですが、実は心療内科においての精神療法が一番重要なのです。多汗症は強いストレスや緊張を感じたときに症状が出やすいので、自己の精神的な変化にしっかり対応できなければ、症状を改善させていくことはできません。

心療内科での治療はこうした精神面をしっかり治療し、手汗に対する考え方や捉え方を改めることが目的となっています。なので、皮膚科での治療に満足がいかなかった場合には、心療内科で心の中から治療することをおすすめします。

心療内科で行われる手汗の治療は、うつやパニック障害などの精神疾患の治療でも行われているような「認知行動療法」が中心となっています。

手汗が出ても恐怖感や不安感を感じないように心身をコントロールし、手汗に対する考え方を改めていくという治療法を繰り返し行うことで、手汗を改善していくことができます。手術の費用がどうしても捻出できない場合にはモビットで一時的に借りてもいいでしょう。

手汗と脇汗の関係、脇汗に悩んでいる人におすすめの臭い対策

多汗症の症状は手汗や足汗の他、脇汗にも現れます。また、脇汗は特に多汗症というわけではなくても気になるものですよね。

脇汗だけが異常に出るという方々もいれば、脇汗も手汗もひどいという方々もいます。ここではまず、手汗と脇汗の関係を見ていきましょう。

手汗や脇汗が異常に出る症状は、主に多汗症になります。多汗症は自律神経のバランスが崩れることが原因で起きる症状で、交感神経が優位になることで異常な発汗が現れます。

人間ならば誰でも汗をかくものですが、多汗症の発汗量は一般的な発汗量を超え、重症の場合では滴り落ちるほどの発汗症状が起こります。

これは手汗の場合も脇汗の場合も同様ですが、発汗量は人によって少しずつ違っています。手汗と脇汗、どちらにも多汗症の症状がある場合でも、手汗の発汗が多いこともあれば脇汗の発汗の方が多いこともあります。

このように、手汗と脇汗には多汗症という関係性があり、症状も同時に現れる場合もあるということがお分かり頂けたかと思います。では、ここからは脇汗の症状を中心に予防法や臭いの対策法を紹介していくことにしましょう。

まず、脇汗の予防には「塩化アルミニウム」がおすすめです。塩化アルミニウムは病院で処方される多汗症の治療薬でもあるため、安心して脇汗の予防に使うことができます。

塩化アルミニウムを水に溶かした「塩化アルミニウム水溶液」を脇に塗布し、発汗を抑制させていきます。手汗の症状にも塩化アルミニウム水溶液は効果がありますが、脇汗の方がより密着させることができるため、制汗効果が高いと言われています。

また、塩化アルミニウムが含まれている「オドレミン」という治療薬(制汗剤)も脇汗の予防に最適です。オドレミンは市販されていますので、塩化アルミニウム水溶液よりも簡単に購入できます。

その他、現在では脇専用の制汗クリームや制汗ジェルなども数多く市販されるようになりました。脇は多汗症ではなくても汗をかきやすく、またムレやすいので臭いも気になるところですよね。

しかし、脇汗を予防する塩化アルミニウムやオドレミン、制汗クリームや制汗ジェルを使うことで脇汗の臭いも同時に防ぐことができます。脇汗の臭い対策には、まず脇汗の発汗を予防していくことから始めていきましょう。

脇汗以外に手汗や足汗の症状がある場合にも、同じ対策法を使って症状を改善していくと良いですね。

手汗対策に効果がある「ミョウバン」って?ミョウバンの使い方と効果

皆さんは「ミョウバン」をご存じでしょうか。ミョウバンは様々な食品に含まれている添加物です。ミョウバンが含まれている代表的なものとしては、ベーキングパウダーなどがありますね。

こうして食品添加物として使われているミョウバンですが、実は手汗の改善に効果があるのです。

ミョウバンが手汗に効くなんて、と驚かれる方々も多いかと思いますが、ミョウバンには殺菌作用や制汗作用があるため、手汗を抑制したり手汗の臭いを緩和させたりする効果があるのです。

また、収れん効果(引き締め効果)もあるので、毛穴を引き締めて肌をきれいにすることもできます。

もちろん手汗だけではなく、脇汗や足汗にもミョウバンの制汗作用や殺菌作用は効きますので、手汗以外の多汗症の症状にも是非試してみてください。

では、ここからは実際にミョウバンを使って手汗を改善していく方法について見ていきましょう。

ミョウバンを使った手汗の改善方法は、ミョウバンを水に溶かした「ミョウバン水」を使います。ミョウバン水の作り方はとても簡単で、ミョウバンと水を混ぜるだけなので今すぐにでも作ることができます。

まずミョウバンを50グラム用意してください。ミョウバンは「焼きミョウバン」がおすすめです。焼きミョウバンはスーパーの食品売り場で購入することができます。

また、焼きミョウバンが見つからない場合は生のミョウバンでもミョウバン水作りは可能です。生のミョウバンを使う場合には、75グラムを用意してください。

そしてミョウバンを混ぜる水は1.5リットル用意します。この水とミョウバンをよく混ぜ、冷暗所に2、3日放置します。ミョウバンが水にしっかり溶けたらミョウバン水の出来上がりです。

しかし、手汗に使用する際にはこのミョウバン水を20~50倍に薄めなくてはなりません。特に肌が敏感な方は、50倍くらいに薄めてから使用するようにしましょう。

薄めたミョウバン水は化粧水用のボトルに容れたり、スプレーボトルに容れたりしておくと便利です。手汗が気になるときに、少量のミョウバン水を手のひらに馴染ませて使用してください。

このように、ミョウバンは手汗にとても効果があるので、皆さんも是非ミョウバン水を作って手汗の改善に使ってみてくださいね。

また、ミョウバンが含まれている石鹸も市販されていますので、ミョウバン水と合わせて石鹸も使用してみると良いでしょう。

気になる手汗とその臭い、手汗の臭いを予防するには

手汗をかくと、同時に臭いも気になってしまいますよね。汗の臭いは、自分が気付かないうちに他人に臭ってしまっていることがあります。

多汗症の患者さんには、手汗の他にも足汗や脇汗を異常なほどかいてしまうという方々も多くいらっしゃいますから、手以外の部位から出る汗の臭いもまた、大きな悩みと言えます。

では、手汗を始めとした多汗症による汗の臭いを予防するにはどのような方法をとれば良いのでしょうか。ここでは、気になる手汗の臭いの予防方法について詳しく紹介していくことにしましょう。

汗の臭いは本来無臭なのですが、かいた汗を放っておくことで鼻につくような臭いに変わってしまいます。汗をかいたままの体や、汗が染み込んだ衣服を着たままの状態でいると、本来の無臭である汗からキツい臭いに変化していきます。

特に衣服に染み込んだ汗の臭いは酸化が激しいので、服に染み込んだ脇汗や靴下に染み込んだ足汗は、放っておくと非常に強い臭いを放つことがあります。

このような脇汗や足汗に対して、手汗は直接衣服に染み込むことはありません。なので、脇汗や足汗ほど汗の臭いが広まってしまうことはないのですが、手はいろいろな物に触れたり、人と触れ合ったりと、汗を様々なところへ広げてしまうことが考えられます。

物に自分の手汗が付着してしまったら、人と握手をするときに手汗をかいていることがバレてしまったら、手汗の臭いがキツかったらどうしよう…。そう考えると、ますます手汗に対する不安感が高まり、手汗をかきやすくなってしまいます。

こうした手汗やその臭いを予防するには、まず手汗を防ぐことから始めましょう。手汗を予防・改善する治療薬には、手汗の症状を抑えるだけではなく、手汗の臭いを抑えてくれるものもあります。

手汗を抑制できれば臭いも改善されていくので、手汗の治療薬を使って手汗と臭いを治していきましょう。

代表的な手汗の治療薬としては「塩化アルミニウム水溶液」や「オドレミン」があります。病院から処方される治療薬でもありますし、市販もされていますので手軽に購入することができます。

また、治療薬を使用する以外の方法としては、食生活を改善することがおすすめです。脂分や肉中心の食生活の場合、汗の臭いがキツくなる傾向が強くあります。臭いも手汗も予防できますので、できるだけ野菜や魚などの低脂肪分の食事を摂るよう心がけましょう。

突然手汗が止まらなくなったら…手汗を一時的に止める方法

突然、手汗が出てきて焦ってしまったことはありませんか?手汗は緊張やストレスが原因で起きるものなので、気持ちが焦るとますます症状が悪化してしまうことがあります。

では、突然現れた手汗の症状を止めるにはどのような方法をとれば良いのでしょうか。ここでは、突然の手汗でも焦らずに止められる方法を紹介していくことにしましょう。

手汗が突然出てきてしまったときには、まず焦らずに冷静になることが必要です。「手汗が止まらなかったら…」ということは一切考えずに、「手汗は絶対に止まる」という気持ちを持つようにしてください。

多汗症の症状は一種の精神疾患とも言えるものなので、実際にうつやパニック障害などの精神疾患の治療法として使われている「認知行動療法」がおすすめです。

認知行動療法を続けていくことによって手汗をコントロールできるようになるので、突然の手汗でも焦らずに対処することができます。手汗に対する不安や恐怖を捨て、考え方を変えることが必要というわけです。

手汗に対する不安感がなくなれば、手汗の症状はだんだんと緩和していきます。それでも、やはり突然手汗が出てしまうとどうして良いかわからなくなってしまう、という場合には、簡単にできるツボ押しを試してみましょう。

体中にあるたくさんのツボには、それぞれ様々な効果が期待できますが、実は手汗に効くツボもあるんですよ。手汗を止める、というよりも、手汗が出る原因である精神状態の不安感を取り除くためのツボ押しになります。

一時的に手汗を止めることもできますし、ツボ押しを続けていくことで手汗の症状を根本から治していくことも可能です。

手汗に効果のあるツボについては【ツボを押して手汗を止める!手汗改善に効果のあるツボ】で詳しく紹介していますので、是非参考にしながらツボ押しを試してみてくださいね。

その他、夏の暑さ対策にもぴったりな保冷剤は、突然の手汗を一時的に止めることもできます。外出時に保冷剤を使えることはあまりないかもしれませんが、家にいるときなどに手汗が突然出てしまった場合には、とても役に立ちます。

このように、突然の手汗の対処法には様々なものがあります。手汗を一時的に止める方法としてはもちろん、手汗の症状を根本的に改善していくためにも使える対処法です。

特に手汗に対する不安感を取り除く認知行動療法は非常に効果がありますので、継続して行っていくと良いでしょう。

手汗と手袋の関係、手汗を予防する手袋、手汗を悪化させる手袋

手汗の症状が現れる原因としては、緊張・ストレスからくる自律神経のバランスの崩れや、湿度の高い場所にいることが考えられます。

特に湿度は発汗に非常に大きく関係していてます。湿度を感じて手汗をかくと、手や指がムレることがありますね。そのムレの原因には「手袋」も関係しています。

冬の寒い時期には、手を冷やさないために手袋をする機会が多いことかと思いますが、手袋をすることで手袋内の湿度が高くなり、手汗がたくさん出てしまうことがあります。

つまり、手袋で冷えを予防しようとすると、手汗の症状を悪化させてしまうことになるのです。

では、どのような手袋を使えば手汗をかくことなく冷えを予防できるのでしょうか。また、手汗を予防できる手袋というものはあるのでしょうか。

ここでは、手汗が悪化する手袋と手汗を予防できる手袋の違いから、手汗と手袋の関係について詳しく見ていくことにしましょう。

まず、手汗が悪化してしまう手袋としては、寒い冬の時期に付ける機会が多い毛糸を使ったタイプの手袋になります。毛糸を使っている手袋は通気性があまり良いとは言えないので、付けっぱなしでいるとじわじわと手汗をかいてくる感覚がしてきます。

冷えには最適なタイプの手袋ですが、手汗の予防にはあまりおすすめできないので、多汗症の方々は使用を避けた方が良いでしょう。

また、ゴム製の手袋なども通気性が悪いとされています。ゴム手袋を家事や仕事などで使う場合には手袋をこまめに外して、手袋内の湿度を下げながら使うようにしましょう。

以上のような毛糸製やゴム製の手袋は、手汗の症状を悪化させてしまいますが、手袋の種類によっては手汗を予防することができます。

中でも革製の手袋には汗や皮脂を吸収するはたらきがあるため、手袋を付けていても手汗をかきにくく、手袋内の湿度も上がらないので手や指がムレることもありません。

特に多汗症というわけではなくても、たとえば運転中などに手汗をかきやすいという方々は、革製の手袋を付けることで、ハンドルを持つ手が滑るのを防ぐことができます。

もちろん手指の冷えも予防できますから、冷え症で手汗の症状も気になる、という方々は是非革製の手袋を使ってみてください。

その他、夏の暑い時期に日焼け止め予防として使う手袋も汗や皮脂を吸収する力があるので、多汗症の予防に最適です。是非一度試してみてくださいね。

食事で手汗を改善!手汗の原因になる食べ物、手汗を予防する食べ物

私達が普段から摂っている食事には、手汗の原因になってしまう食べ物と手汗の予防になる食べ物の両方があります。手汗は食べ物によって症状が出ることもあれば、食べ物によって予防をすることもできるということですね。

ここでは、手汗の原因になる食べ物と手汗の予防になる食べ物について詳しく紹介していくことにしましょう。

まずは手汗の原因になる食べ物について見ていきましょう。手汗の原因は自律神経のバランスの崩れからくるものです。特に交感神経が活発にはたらいているときに手汗が出やすくなるので、交感神経を優位の状態にしてしまう食べ物は避けるようにしましょう。

たとえば唐辛子などの香辛料が多く入った辛い食べ物は、交感神経を活発な状態にしてしまいます。多汗症ではなくても、辛い食べ物を食べると汗がたくさん出ることがありますが、これは交感神経が優位の状態になっていることから起きる現象です。

多汗症の患者さんはもちろん、多汗症ではない場合でも辛い食べ物によって手汗をかくことがありますので、大量に辛い食べ物を食べることは避けた方が良いでしょう。

反対に汗が出ないという方々は、こうした辛い食べ物で交感神経を刺激することで汗が出やすくなります。多汗症の場合にはおすすめできませんが、普段から汗をかきにくい場合は交感神経を刺激してあげなくてはならないのです。

また、脂っこい食事や肉類中心の食生活、お菓子類なども手汗の原因になることがあります。脂っこい食事や肉類を摂る機会が多いと皮脂分泌が増えるので、ベタベタとした汗をかきやすくなります。

辛い食べ物と共に、脂分の多い食事や肉類中心の食生活も抑えるようにしましょう。

では、次に手汗の予防になる食べ物について見ていきます。手汗の予防になる食べ物としては、やはり脂分が抑えられた魚やビタミン類などが豊富な野菜類がおすすめです。

特に魚や野菜を多く使っている和食は、あまり脂を使わず低カロリーなので、健康維持にもぴったりの食事です。これまで脂っこい食事に偏りがちだった皆さんは、是非和食を中心とした食生活に改善してみてはいかがでしょうか。

このように、手汗は食べ物が原因となることもありますし、食べ物で予防をすることもできます。何を食べるかはもちろん大切ですが、規則正しい食生活を送ることも重要です。手汗予防に効果のある食事を規則正しい時間に摂るようにしましょう。

ストレスを解消して手汗を治す!手汗の原因になるストレスの解消法

皆さんは日頃からストレスを溜め込んでしまってはいませんか?実は手汗の原因として、ストレスは大きく関わっているのです。ここでは手汗の原因であるストレスの解消法について詳しく見ていくことにしましょう。

私たちが日頃から感じやすいストレスとしては、やはり人間関係、仕事、勉強、健康、金銭面、将来についてなど、生活に関わるストレスがほとんどです。

現代にストレスを感じずに生きている人間はいないといっても過言ではないでしょう。そして、日々感じているストレスを上手く発散できる人もいれば、発散できずに自分一人で溜め込んでしまう人もいます。

特に後者の場合はストレスが原因の多汗症になりやすく、さらに多汗症というストレスを抱えてしまう恐れも考えられます。

また、多汗症以外にもストレスによる頭痛、胃痛、腹痛、めまい、貧血、不安感などを伴うこともあり、ストレスはますます大きく膨れ上がってしまいます。

このストレスをずっと放っておいてしまっては、健康状態は悪くなるばかりです。溜まっていくストレスに耐えきれずに、ふとした拍子に爆発してしまうことも考えられます。

そして、ストレスが溜まると自律神経のバランスが崩れてしまうことから、またさらに手汗をかきやすくなってしまうのです。

では、ストレスはどのようにして解消していけば良いのでしょうか。ストレス解消に効果的なのは、やはり心身共にリラックスをすることが第一です。

ストレスによって疲れた心身をリラックスさせることで、不安や怒りなどのストレスから解放されていきます。リラックスする方法は人それぞれで違いますが、やはり趣味を楽しんだり、スポーツを楽しんだりしてリフレッシュすることがおすすめですね。

旅行が好きな方々は、友人や恋人とどこかに旅行に出かけたり、または一人で気楽な旅行をしてみるのも良いかもしれません。いつもの生活から少し抜け出してリフレッシュすると、今まで悩んでいたことも吹き飛んでいってしまいます。

こうしてストレスを解消していくことで、日常生活もストレスなく送ることができるようになります。すると手汗の症状も少しずつ改善していき、汗をかくことによるストレスもなくなっていきます。

ストレスは手汗の原因でもありますし、手汗がストレスの原因になることもありますから、日々のストレスと手汗の症状を毎日少しずつでも解消していくようにしていきましょう。

湿疹を伴う手汗の原因、手汗と湿疹を予防・改善する方法

手汗の症状は時に湿疹を伴う場合があります。俗にいう「あせも」のことです。手汗によって湿疹ができると、手のひらや指にかゆみが起きることもあり、手汗だけの症状の場合よりもさらに症状が重症化してしまいます。

では、手汗による湿疹の原因はどのようなものなのでしょうか。そして湿疹を予防・改善する方法にはどのようなものがあるのでしょうか。湿疹の原因、予防・改善法について見ていきましょう。

まず、手汗による湿疹の原因としては、汗をかいたことによるムレが考えられます。皮膚はムレると皮膚の組織が崩れ、荒れてしまいます。

荒れた皮膚には赤みやブツブツとした湿疹ができてしまい、かゆみを伴う症状も多く見られています。湿疹はこうした汗によるムレの症状が原因でできてしまうのです。

皮膚のムレは特に汗をかきっぱなしの部位に起こりやすく、湿疹も汗をかいたままにしておいた状態の方ができやすいとされています。

手汗の場合には、手汗をしっかり拭き取らなかったことで手や指がムレてしまい、湿疹の症状が現れてしまうということになります。なので、手汗が出たらすぐに拭き取ることが湿疹の第一の予防法として挙げられます。

多汗症の患者さんの場合は拭いても拭いても手汗が流れてしまう重症の症状が見られる方々もいらっしゃいますが、できるだけこまめに手汗を拭き取るようにしましょう。

手以外のところに汗をかいても同様です。特に皮膚が敏感な方々はより荒れやすくなってしまいますので、かいた汗はしっかり拭くようにしてください。

また、多汗症の場合は湿度が高い環境においても、湿疹ができやすい傾向があります。湿度が高い部屋などにいると、汗が出てもなかなか引かずに汗が皮膚表面に残ってしまっている状態になってしまいます。

すると、さらに皮膚が荒れやすくなってしまいますので、できる限り湿度が低めの環境を保つようにすることをおすすめします。

以上が手汗による湿疹の予防法になります。では、改善策としてはどのような方法が適切でしょうか。湿疹の改善には、手汗の治療薬と同様に「塩化アルミニウム」が効果的です。

病院で手汗の治療薬として処方されている、塩化アルミニウムを水に溶かした「塩化アルミニウム水溶液」や、市販もされている塩化アルミニウムの含まれた「オドレミン」がおすすめです。塩化アルミニウムを使って湿疹を改善していきましょう。

冷え性なのに手汗が出る…寒い日にもおすすめな手汗対策

女性の皆さんに特に多いとされる「冷え性」。実は冷え性でも手汗がたくさん出てしまう、という方々はとても多いのです。「冷え性なら汗をかかないんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、実は冷え性も手汗に関係しているところがあります。

はっきりと原因が解明されているわけではないのですが、手汗をかくことで手指がより冷えてしまうことから、冷え性の症状が重くなってしまうことが考えられています。寒い時期にはさらに症状が悪化することもあります。

また、足汗も足の冷えに影響しているといって良いでしょう。ここでは、冷え性に悩む皆さんにおすすめな手汗対策法を紹介していきましょう。

まず、冷え性の皆さんは寒い時期にも手汗対策は欠かせません。汗は暑さを感じることでかくと思われがちですが、多汗症の症状が見られる場合は暑さなど関係なく汗をかいてしまいます。

では、なぜ寒いのに汗が出てしまうのでしょうか。寒いのに汗が出てしまうのは、自律神経のバランスが崩れてしまっていることが一番に考えられます。

自律神経のバランスはストレスや緊張を強く感じたときに崩れやすくなりますが、体が冷えているときにもバランスの崩れが見られることがあります。

冷え性の皆さんは特に寒い時期は体が冷えやすく、温めても手足が冷えきってしまっている状態になってしまいますよね。そして冷えているのに手汗や足汗をかいてしまう、こうした悪循環にはすべて自律神経が関係しているのです。

このような悪循環を断ち切るには、体を芯から温めることが大切です。皆さんは、手足が冷たいからといって手足ばかりを温めてしまってはいませんか?

実は手足だけを温めていても体の芯から温めていることにはなりません。体の芯から温めるには、お腹を温めることが一番です。お腹にカイロをあてたりしてじんわりと温めていきましょう。

外側から温めると同時に、温かい飲み物を飲んで体の中から温めることも重要です。冷えに良い飲み物、食べ物を摂ることで体が冷えに強くなり、自律神経のバランスも正常な状態に戻っていきます。

寒い時期でも体を温めると手汗をたくさんかいてしまいそうですが、体を適度に温めることで副交感神経が刺激されリラックスした状態になります。

つまり異常な手汗をかきにくくなるというわけです。手汗が出るとどうしても冷やしてしまいがちですが、冷え性の皆さんは体を温めることを心がけましょう。

このページの先頭へ